人生設計

欲が出る?教育費のおたすけ学資保険

この記事を読んでいる人の中には、「どの学資保険に加入をしようかな?」と悩みを抱えてしまっている人も多くいらっしゃることでしょう。
一昔前までは学資保険の加入はごく当たり前のことだったのですが、最近ではその数も減少してきており、特に若い世代の夫婦の多くは加入をしない傾向にあります。
中には学資保険の存在自体を知らない夫婦もいるようですが、子供の将来を考えたら加入するべきなのです。

そもそも子供に対して必要な養育費や教育費についてですが、子供が成人を迎えて社会に出るまでの間に概ね2000万円から3000万円程度の養育費が必要になってくるというデータがあります。
この金額の大半となってるのが教育費なのです。
そしてこの教育費の準備に大変有効的なのが学資保険なのです。

子供が実際に誕生した時に、学資保険に夫婦で相談をして加入するかしないかを決めているご家庭も多いかと思います。
学資保険は一般的な目的として、子供のための教育費を積み立て、その時になって慌てることの無いようにするためです。
学校へ入学をする時には、ある程度まとまったお金をもらうことができ、また必要な時期を迎えることで、祝い金を受け取ることが出来ますので、入学のために急にまとまったお金を準備しなければいけない!っといったことが無くなります。

学資保険単体でも十分にお得で安心することが出来ますが、最近におきましては特約が付いている商品が各社から多く発売されてきています。
そんな特約には、怪我や病気などで万が一入院をすることになってしまった場合に、保険金を受け取ることができるというものが挙げられます。
よくあるような所謂医療保険などとほぼ一緒の内容を学資保険に特約として付けることが出来るのです。
そう考えますと、非常にお得なイメージを持つかもしれませんが、学資保険の多くは返戻金の戻り率(返戻率)が100%を切ってしまっています。
その分損をしてしまうことになりますので、慎重に保険会社を選ぶことが重要です。
http://www.yesnotattoo.jp/returning-giving-back.htmlでは加入時期と返戻率の関係について解説されています。
貯蓄重視のプランだと返戻率が100%以上のものもあり人気です。

このページの先頭へ