人生設計

忘れた頃のプレゼント?学資保険のお祝い金

赤ちゃんが産まれた時に、何かしらのプレゼントをあげる親もいるでしょう。
それが洋服だったり玩具だったり、またちょっとしたアクセサリーなんかも良いですね。
しかしそれらのプレゼントというのは、少し成長をしてしまうことで、すぐに忘れられてしまうものです。

特に玩具なんかは赤ちゃんの時期を過ぎて子供になると、すぐに存在が忘れられ、そのままゴミ箱行きなんてこともあります。
どんなに思い出が詰まっているものだったとしても、子供からしてみれば飽きてしまったら何の魅力も感じません。
どうせなら大人になるまでずっと忘れることの出来ないプレゼントを用意してあげてみてはいかがでしょうか?それが「学資保険」です。

学資保険のお祝い金というのは、忘れたら頃にもらうことが出来ますので、いきなりの現金によるプレゼントできっと驚くことでしょう。
その時すでに経済的に安定している場合には、そのプレゼントを教育費以外のことにも使用出来ます。
子供の教育資金において最も大きな費用が必要となってくるのは、大学へ入学をする時となります。

ですので、殆どの学資保険では、大学入学の前になると満期を迎えることになり、大学の費用や当面の授業料を支払うためのお金として利用することが出来ます。
もちろん大学だけではなく、義務教育の期間でもお金は必要です。
例えば制服やランドセル、ノートに鉛筆に…。
細かな物を挙げれば結構な金額になります。

そんな時にも学資保険からお金がもらえたら嬉しいですよね?そこで最近の学資保険ではお祝い金制度が採用されており、小学校や中学校、高校などに入学をする際に、お祝い金を受け取ることが出来るのです。
お祝い金と言いましても、実際には本来まとめてもらう保険金の一部から出ていますので、正確にはお祝い金とはいえませんが、忘れた頃に受け取ることが出来るので、嬉しいものです。
子供の誕生プレゼントに学資保険にこっそりと加入を検討されてみてください。

このページの先頭へ