人生設計

収入で選ぶ、おトクな学資保険

子供のために加入をすることになる保険というのはいくつかの種類がありますが、最も知られているのがやはり学資保険です。
昔は子供が産まれたら学資保険に加入するのが当たり前だったのですが、最近ではその傾向も少なくなってきており、未加入のご家庭も多くあります。
しかしそれでは子供の将来を考えた時、とっても不安になってしまいます。

子供の成長過程で最も大切なのが教育であり、学校に通わせるためには教育費が必要です。
義務教育だったとしてもお金は必要になりますし、大学に通うとなると相当額を用意しなければいけません。
特に私立ともなりますと、その金額が一気に上昇し、その時になって簡単に用意をすることは出来ないでしょう。

お金が余るほど裕福なご家庭でしたら、学資保険に加入をしなかったとしても特に心配する必要は無いかと思いますが、そこまで将来の家計を約束されている家庭というのはほんの一握りです。
多くの一般家庭では収入を考えて、なるべくオトクな学資保険に加入をしようと考えていることでしょう。
収入によって毎月の支払額を決めるのも一つの学資保険選びの方法となりますが、実際に加入するとなった時にはやはり満期を迎えた時にもらえる満期金だと思います。

満期金というのは誰もが少しでも返戻率が高くなっている学資保険を選びたいと考えるものです。
そんなお得な学資保険を探しているのでしたら、保険料を支払い続ける期間が短期間に設定されているプランを選んでみてはいかがでしょうか?
収入の面で毎月支払っていくのが困難なようでしたら、とにかく早い段階で加入をすることです。
http://www.ceecenc.org/puremama.htmlにもかいてありますが、遅くなればなるほど支払額は増えてしまいますので、出来る事なら産まれた直後に学資保険への加入をオススメします。
何かと子育てで忙しいかと思いますが、そのタイミングを逃してしまうと、支払額はどんどんと増えてきてしまうことになることから、時間を作って資料請求などをするようにしましょう。
http://www.dateame.com/kanyuudekiruhito.htmlに書いてありますが、学資保険というのは誰でも加入できるわけではないそうです。
一つは契約者が持病を持っているケース、もう一つはお子さんが小学生になってしまったというケースです。
基本的に産まれてから5歳くらいまでの間で加入するようにしないと、加入できる保険が少なくなってきてしまいます。
また、満期の設定金額を多くし過ぎると途中で支払うのが困難になり、結果、契約解除で今まで払ってきたお金が無駄になるなんてこともありえますので気をつけましょう。

このページの先頭へ