人生設計

知っていますか?生涯教育費と学資保険

実際に学資保険へ加入をする前には、そもそも子供の教育費として、どれほど必要になってくるのかを知っておく必要があります。
子供の教育費全てを学資保険だけで補填することが出来るのか?学資保険以外ではいくらほどの教育資金を準備しておけば良いのか?などといった、子供が高校や大学を卒業するまでの間にいくら教育資金が必要になってくるのかということを事前に計算をしておくことで、学資保険以外にいくら必要になるのかを把握することが出来ます。
生涯教育費として幼稚園から大学まで全てが公立や国立に通っていたとしても約1,000万円以上の教育費が必要となります。

そしてもし中学校、高校、大学全てに私立へ通うことになりますと約2,000万円ほどの教育費が必要になるのです。
ちなみにこれらの数字というのは「教育費+給食費+学校外活動費」といった項目の合計金額となりますので、その他のクラブ活動費や学習塾、予備校や受験代などといったものに関しては含まれていませんのでご注意ください。
また大学に関しましては、医学系に通うことになりますと相当額となる教育費を準備しなければいけませんし、実家から大学へ通うことになれば問題無いのですかが、多くの場合には、親元を離れることになり、一人暮らしをする必要が出てきますので、その際の仕送り代なども結構な金額になることから、仮に大学生活の4年間、毎月10万円を仕送りすることになりますと、480万円が別途で必要となるのです。

そう考えますと、なかなか簡単に用意することが出来ない金額ということがよくわかります。
そこで学資保険に加入をしておくことで、これら別途費用のみを準備しておくだけで十分に教育を受けるための費用を賄うことが出来ます。
別途費用に関しては、銀行へ定期預金されておくことをオススメします。
普通預金ですと、どうしても手を付けてしまう可能性がありますので、絶対に使用しないという強い意思があれば良いのですか、そうでなければ定期預金で蓄えておくと良いでしょう。

このページの先頭へ