人生設計

先輩ママが薦める学資保険

安心。
それは私達人間が普段の生活を送る中で最も大切なことの一つとなります。
そして現代社会では、その安心を手に入れるためにはどうしてもお金が必要になります。
どんなに楽しい毎日を過ごしていたとしても、万が一のことが発生してしまった場合には、お金が無ければ楽しさを味わうことは出来ません。

汚い話かもしれませんが、お金というのは、幸せと楽しさを味わうためには絶対に必要なものなのです。
そこで大切なのが保険であり、事前に保険料を納めることによって安心を買うことができ、もしものことがあっても、もらえる保険金によって幸せを得ることが出来るのです。
さて学資保険のことについてちょっとお話させていただきます。

実際に今現在、学資保険へ加入されている先輩ママ達の意見をいろいろと聞いてみます、契約者を誰にするべきか?っということが重要という意見が多くあります。
実際に学資保険に契約をする際には、当たり前のことですが被保険者というのは子供になりますが、契約者に関しましては、親の妻か夫のどちらでも問題無いことになっています。
学資保険に加入をすることで、保険の契約者に万が一トラブルが起こってしまったとしても、子供の教育資金を受け取ることが出来るというのが最大の目的となっていることから、やはり契約者となるのは、一家の家計を支えている人がなるべきなのではないでしょうか。

やはり夫が稼ぎ頭になっているケースが多いので、夫が学資保険の契約者となることが最も多いようです。
しかし今では、女性の社会進出が当たり前となってきており、奥さんも仕事に出ていて、夫以上の年収を稼いでいる人が多くあります。
そのような特殊なケースでは、妻名義で学資保険に加入をするのも一つの選択肢となります。
ただし、もし万が一夫婦の離婚が成立してしまった場合には、親権者は奥さんになることが一般的に多くなっていますので、もともと学資保険の契約者を奥さんにしておくことも一つの考え方です。
学資保険は契約者でなければ、様々なタイミングでやってくる保険金を請求して受け取ることが出来ないからです。

このページの先頭へ