人生設計

学資保険は生活の強いミカタ?

「あの時に保険へ加入をしておけばよかった…」と後悔しても遅いのが保険です。
何かが起こってしまってからお金が無いのでは後の祭りであり、少しでも不安があるようでしたら、保険には加入をしておくべきなのです。
保険に加入をして何もトラブルが発生しなければそれはそれで問題無いですし、それまでの間はお金と引き換えに「安心」を買ったのですが、何も損をしていません。

そもそも保険というのはそういうものであり、加入者全員が助け合っていくシステムなのです。
そのような保険という商品におきましては、主契約となるものだけに限ったことではなく、その主契約と合わせて、いろいろな特約を状況に応じて付けることが出来るようになっています。
このような特約というのは学資保険に関しましても同じことであり、本当に各保険会社では様々な特約が提供されているのです。

特約を別に付けることによりまして、学資保険が生命保険の代わりにもなりますし、きっと生活の強いミカタとして安心を得ることが出来ます。
そうは言いましても、実際に学資保険へ加入をしようと考えている時に、どのような特約を一緒に契約したら良いのか悩んでしまうことになります。
あまりにも悩みの姿勢を見せてしまうと、セールストークを巧みに操り、保管会社の営業マンに特約を付けることを押されてしまい、そこまで望んでいなかった余計な特約を付けてしまい後悔してしまうことになりますので注意が必要です。

これは当然のことですが、特約を多く付けることにより、その分のお金を追加して毎月支払うことになります。
その結果総合的な保険料というのは割高となってしますので。
しかしその特約が、何よりも大切な子供のことだと考え、将来のことと天秤にかけてしまうと、「これはお金の問題ではない」っとお金よりも大切なものがあると考え、次々と特約を付けてしまうことになります。
十分に検討をしてから特約を付けるようにしましょう。

このページの先頭へ