人生設計

学資保険を見直すタイミングとは

どのような保険でも同様のことが言えますが、一度契約をしたからといって、そのまま生涯その契約のまま加入していては損をしてしまったり、全く意味の無い保険となってしまうことがあります。
大切なのは定期的な保険の見直しであり、その時の状況によって的確な見直しをしてあげることが大切なのです。
「保険は生き物」などと言われることがありますが、まさにその通りであり、時代が変わる毎に保険の在り方は変化していき、その度に見直しをしなければいけません。

そしてこれが学資保険でも同様なのです。
学資保険にまず予め目的をハッキリさせてから加入をすることが重要であり、ご家族できちんと話し合って、それを明確にしておかなければいけません。
その目的が明確になっていることによって、基本的には見直しをすることなく満期金を受け取る時期を迎えることが出来るでしょう。

さてそのような学資保険についてですが、 “貯蓄型”“保障型”が大きく分けますと販売されています。
前者の貯蓄型というのは、概ね意味はわかるかと思いますが、大学進学などに使用することになる将来のための学資費用に少しづつ教育費を積み立てていく保険となります。
最も一般的な学資保険であり、根本的な目的を持つものです。

しかし、大学へ入学をするその間にどのようなトラブルやアクシデントが発生してしまうのかは誰にも予測することが出来ないものです。
このことから、もし万が一親の身に不幸が起こってしまっても、子供が無事に大学へ進むことが出来るように、学資保険によって予め準備をしていくことが保障型となります。
ただ単に学資保険と言いましても、今では様々な種類が販売されています。
それらの中には、ちょっとご自分のライフスタイルに見合っていないタイプもありますので、生活状況に合わせて理想的となる学資保険を選ぶようにしましょう。
まず最初に多くの学資保険を比較して、納得した上で契約に踏み切ることが大切です。

このページの先頭へ