人生設計

学資保険は家族を助ける

学資保険における本来の目的というのは、とにかく子供のための教育費を貯蓄することを目的として毎月支払っていく保険となります。
そのような安心の学資保険なのですが、最近におきましては子供だけに限ったことではなく、親の不幸が起こってしまったり、何かしらのトラブルを発生させてしまった際の生命保険と似たような特約を採用しているところも数多くあります。
現在では入院特約を付ける学資保険が多くなってきており、この特約を付けるべきかどうなのかで結構迷ってしまうものです。

学資保険の営業マンからしてみればとにかく客単価を上げる必要があることから、殆どの営業マンというのは、学資保険へ入院特約を付けるように託してくることでしょう。
では実際に、このような入院特約と付ける必要性があるのでしょうか?
それとも特に必要性の高いものではないのでしょうか?

これに関しては結論から書かせていただきますが、ズバリ入院特約を付ける必要性は無いと言えます。
学資保険の目的というのは、子供のための教育資金を積み立てていくことが最大の目的となります。

入院特約は確かに完全な無駄というワケではありませんが、余計な出費が発生してしまうのは、たとえ1円だったとしても避けるべきなのです。
もちろんこんないろいろな特約を追加で付けることにより、学資保険によって、家族全員を助けてくれることになります。
また万が一契約者に死亡という事態が起こったとしても、残されてしまった子供の教育費というのは、学資保険の保険金によって十分にまかなえます。
そして契約者では無いもう片方の親に関しても、教育費のことに対してそこまで考える必要が無くなりますので、とにかく家族のために仕事に集中をすることが出来るのです。
このことから、学資保険へ加入をすることによって、家族を助けてくれることになりますので、とってもお得で安心の保険とも言えるのではないでしょうか?

このページの先頭へ