人生設計

学資保険のカラクリとは?

学資保険が昔から注目されていますが、この保険は子供の教育資金を積み立てしていくことが一番の目的となっている保険です。
生命保険は、掛け捨てが殆どで、それまでの支払金額の全てを没収されてしまうことになりますが、それと比較をして学資保険というのは貯蓄性が高い保険と言うことが出来ます。
実際のところ銀行や郵便局などに口座を開設し、定期積立を行っていくのと、また学資保険へ加入をする選択では、どちらが良い選択なのか迷うところです。

しかしこれをきちんと理解することで、誰もが学資保険の必要性を知ることが出来るでしょう。
一般的な定期積立のケースでは、例えば毎月3万円を積み立てていく場合には、15年が経過してもらえる利息は3万円前後に計算されます。
さらに最終的には税金がかかりますので7000円前後差し引かれ、手元に残るのは540万円前後になります。

そして当然のことですが、銀行積立をすることで基本的に元本割れとなってしまうことはありません。
万が一、銀行が破綻するような事態になってしまっても、ペイオフがありますので1000万円まででしたら、保障されていますので安心することが出来ます。
学資保険へ加入をすることで、例えば上記の定期積立と同じで毎月3万円かかる保険料を15年間支払い続けることで、20万円前後の利息が貯まります。

さらに課税対象外になっていますので、手元に最終的に残ってくるのが560万円前後となるのです。
またもし万が一父親や子供が他界してしまったとしても、お見舞金が支払われますし、運用益が出てくることで、分配金として受け取ることが出来るようになっています。
このような学資保険のカラクリからご理解いただけるように、現状の日本では、学資保険へ加入をした方が圧倒的にお得になることがわかります。
もちろんこれから銀行の利息が増えることも考えられますが、当分はその兆しもありませんので、学資保険への加入をオススメします。

このページの先頭へ