人生設計

人生の節目と学資保険

学歴社会とも言われている現在におきましては、大学を卒業することが企業への就職の第一条件となることもあります。
一昔前でしたら、大卒はそれなりのキャリアを持つ仕事に就くことが出来ていましたが、今は違うのです。
まるで義務教育のように、大学へ進学する人が増え、世の中大卒だらけになってしまいました。

しかもコンビニ大学比喩されている誰でも簡単に入学をすることの出来る大学も多く、その大卒の価値は下がりつつあります。
しかしこのような社会では、やはり子どもをどこかしらの大学に通わせてあげたくなるのは親の正直な気持ちでしょう。
大学に入学をするというのは人生の節目でもありますが、その分お金が必要になってきます。

そこで学資保険に加入をしていることで、その費用をその時になって準備することなく用意することが出来るのです。
では学資保険に加入をする際には、どのようなタイミングが最もベストな選択となるのでしょうか?
例えば子どもが産まれた直後が挙げられます。
多くの産婦人科では赤ちゃんが産まれると学資保険についての説明を受けます。

もちろんその場で決めてしまう必要はありませんが、一つの選択肢として話を聞いてみても良いでしょう。
また妊娠中というタイミングがあります。
妊娠中というのはこれから産まれてくる赤ちゃんのことで頭がいっぱいになっているかと思いますが、その喜びを一時抑えて現実的な学資保険の加入を考える必要があります。

保険会社によっては妊娠中にも加入をすることの出来る学資保険がありますので、赤ちゃんが産まれてから忙しい毎日から時間を作って学資保険選びをする必要が無くなります。
残念ながら流産や死産をしてしまった場合には、それまで払い続けてきた保険料はきちんと戻ってきますので、無駄になることはありません。
これが最も早いタイミングとなることから、保険料の支払額も少なくすることが出来るというメリットがあります
一度保険会社に相談をされてみてください。

http://www.jerseyshore-bsa.org/activities/order-of-the-arrow/では満期の返戻率が100%以上の学資保険が紹介されています。
保険会社ごとに内容は違うにしても、学資保険にはいろいろな保障http://www.kamerburo.net/hosyounaiyou.htmlをプラスすることができます。
子どもが大きくなるまでに何が起こるかわかりませんので特約をつけることは良いと思いますが、付加する保障が多ければ多いほど満期の返戻率は100%を下回ってしまいます。
この保険の本来の目的は子供の将来のためのお金を貯蓄することです。
そのため返戻率100%以上の保険が人気のようですね。


このページの先頭へ