人生設計

あなたの学資保険、本当にそれで大丈夫?

今も昔も多くの親が加入をしてきているのが学資保険です。
子供が成長していく過程は誰もが幸せを感じることかと思いますが、その過程の途中には必ずお金が必要となり、現実が親にのしかかってきます。
この現実をきちんと乗り越えることが出来なければ、子供の将来を台無しにしてしまうことになり、子供が夢を持つことが出来なくなってしまうのです。

銀行に貯金をされる方もいるでしょう。
http://www.911fsafoundation.org/kannkyou.htmlに書いてあるように、銀行の積立貯金を用いて子供に将来かかるお金を確保する方も多いです。
また、自宅でタンス貯金をしようと考えている方もいるでしょう。
しかしそれでは子供の教育費の貯蓄としては不完全なのです。

だからこそ学資保険への加入が大切なのです。
そしてこれは学資保険だけに限ったことでは無いのですが、殆どの保険では、契約期間中でも何度か見直しをしてあげることが大切です。
この見直すことになる機会というのが、いつになってくるのか、正しいタイミングは無いのですが、挙げるのでしたら、家計の状態に変化が出てきた時や、子どもの進学状況、それはご家庭によって変わってくることでしょう。

最も多いのが、家計の状況を考えて学資保険を見直すケースです。
家計の状況というのは日々目間ぐるしく変化していくものです。
近年では不景気が続いており、その影響というのは全国に広がっています。

そして容赦なく一般家計に対しても大きな影響を与えてしまっているのです。
そして一家の大黒柱で家計を支えている夫の仕事も、一生安泰とは限りませんし、いつ職を失ってしまうのか誰にもわかりません。
ただ家計は常に変化をしていますので、場合によって、現在加入している学資保険のプランを見直す機会も出てくるでしょう。
「もしかしたら今の状況では損をしてしまうのではないか?」「生命保険に加入をしているのに学資保険のこの特約はいらないのではないか?」「ちょっと支払い続けることが難しくなりそうだ」などといった時には、なるべく早めに担当者と保険の見直しについての相談をするようにしてください。

このページの先頭へ