人生設計

学資保険は本当に必要か?

誰にも自分の将来のことを予測することは出来ません。
いつどのような事態が起きるのかを予測することが出来れば、この世の中に保険という存在が無くなってしまいます。
将来何が起こるかわからないからこそ保険で安心を買うのです。

「備えあれば憂いなし」という言葉もあるように、保険というのは非常に重要な存在であり、多少経済的に負担を感じるようでもきちんと保険に加入をしておくことが大切なのです。
さて最近の学資保険というのは、返戻率が非常に高く設定されている種類が増えてきており、毎月支払い続けてきた保険料よりも、多く保険金が戻ってくる商品が続々と販売されてきています。
またもし万が一のことが契約者の親に起こってしまった時でも、その後の保険料の支払いが免除され、それでももちろん保険金はしっかりと満額受け取ることが可能になっています。

このように様々な観点から考えてみますと、やはり銀行や郵便局への定期預金をするよりも、
学資保険というのは、かなり大きなメリットが付いてくるものと考えることが出来ます。
当然学資保険というのは、そのような都合の良い利点ばかりではありません。
学資保険にも是非とも事前に知っておきたいデメリットが存在しているのです。

例えば何かしらの原因によって、学資保険を契約の途中で解約することで、それまでに毎月コツコツと支払ってきた保険料が無駄になってしまいます。
ですので、家族の給与がある日いきなり下がってしまうことがあったり、また離婚を選択するなど、生活水準が低下するなどで、学資保険を毎月支払っていくことが難しくなってしまった場合には、かなり大きな損をしてしまうことになるのです。
長期間に渡って保険料を支払っていくことが必要ですし、冒頭で書かせていただきましたが、誰にも将来どのようなことが起こるかは予測することは出来ません。
誰でもそのようなリスクが生じる可能性が考えられることをきちんと頭に入れて学資保険への加入をするようにしましょう。

このページの先頭へ