人生設計

頼りすぎない学資保険と人生設計

どうしても保険に加入をする事によって、何かとその保険に対して頼りすぎてしまうものです。
もちろん毎月きちんと保険料を支払い続けているのですから、頼っても問題ありません。
しかしあまりにも頼りすぎてしまうと、将来設計を立てることにも影響が出てきてしまい、便利で安心な生活を実現することが出来なくなってしまいます。

あくまでも保険というのは万が一のために存在しているものとなりますので、出来る事なら保険金をもらわずに終えることが理想的なのです。
そんな保険の中で、万が一のことにならなくても保険金をもらうことの出来る保険があります。
それが学資保険なのです。

さて、先述したようにどんなに学資保険に入っているかと言いましても、それだけに頼ってはいけません。
実際には子供教育費として学資保険以外で準備をしなければいけない状況になってしまうこともあります。
よくあるのが入学費用や授業料が私立などで高額な学校に入学を決めた場合、一般的な学資保険でもらうことの出来る保険金だけでは、資金がショートしてしまうことがあります。

長い間学資保険を頼りにしてきたことで、金融機関に貯金もほとんど無く、子供の大切な夢を一つ失ってしまう可能性も出てきてしまうのです。
ですので学資保険だけに頼るのではなく、保険料を毎月確実に支払っていくことは当たり前のことなのですが、それ以外にも教育費専用として銀行などに新しく口座を作り、学資保険以外の別の方法で貯蓄をしておくことが大切なのです。
学資保険の中でも様々なトラブルから安心を与えてくれるのが保障型の保険です。

生命保険などの異なる保険だけでも補填することの出来るケースもあることから、きちんと夫婦で話し合って、学資保険に特約をつけるかつけないかを決めるようにしましょう。
特約をつけることによって、より高い安心を手に入れることが出来るのです。
こちらも同様に頼りすぎてしまうのは危険ですのでご注意ください。

このページの先頭へ