人生設計

親にもしものことがあったなら~安心の学資保険~

子供の将来を心配して何かしらの保険に加入をするかと思います。
親にもしものことがった場合、経済的な面で苦労をさせたく無いのは誰もが考えることです。
だからこそ保険に加入するべきであり、言うならば親としての義務と言っても過言では無いのです。

そんな子供対して加入する保険として最も人気のあるのが学資保険です。
しかし最近では学資保険が軽視されるようになってしまい、特に若い夫婦の場合には加入をすることなく金融機関への貯蓄にまわしている傾向にあります。
確かに学資保険は貯金をするのと似ている面もありますが、実際には似ているようで全く異なるものなのです。

学資保険というのは、主に貯蓄型http://www.sports-feeds.com/tyokikugata.html
保障型http://www.tri-eco.jp/syuruitohosyounaiyou.htmlに区別をすることが出来ます。
これら2つの中でも、保障型と呼ばれている学資保険では医療保障や死亡保障など、様々な保障が予め付帯されているタイプが多くなっています。
このような学資保険の貯蓄と保障というのは、どちらに関しましてもメリットとデメリットがありますので慎重に検討をして選ぶようにしましょう。

ちなみに保障型というのは、満期を迎えて受け取ることの出来る保険金、また大学入学時などに受け取ることの出来る祝い金などについては、一般的な貯蓄型の学資保険と同様となります。
それだけに限ったことではなく、多くの保障がされていることから、怪我や病気などで入院をしてしまった時には、学資保険の保障という形により、給付金を受け取ることが出来るのです。
子供を育てている時に、親にもしものことがあると、教育費の支払いが困難になってしまい、子供の将来が心配になります。

是非学資保険へ加入をして、子供に安心をプレゼントしてあげましょう。
様々な種類がありますから、まずはインターネットを使って気になる学資保険を比較し、納得した上で契約書にサインをするようにしてください。
決して中途半端に決めてはいけません。

このページの先頭へ